【水天宮前・人形町】 甘酒横丁の入口にある天正4年創業、伝統の和菓子屋、「玉英堂」

人形町から甘酒横丁へ入る角の所にあるのが玉英堂、 天正4年(1576年)に京都で創業し現在は人形町が本店となった和菓子屋。



通りの名前の由来となった甘酒屋「尾張屋」の跡地にあります。

賞味期限は2日間、1個280円の「虎家喜(とらやき)」



皮は表面の虎模様が綺麗で、
弾力があり普段どら焼きで思うようなしっとり感はなく、
食間はシフォンケーキのようなイメージ。
粒半の粒はしっかりとした粒が見える餡。
餡の甘さは個人的に5段階の3.8ぐらいと少し甘く感じました。


人形町近辺では高級どら焼きだと思います。
人形町水天宮周辺のお土産としてもおすすめです。


玉英堂




東京都中央区日本橋人形町2-3-2


<営業時間>
9:00~21:00(土曜~20:00、日曜・祝日~17:00)



日本橋周辺の和菓子のお店一覧



ここ1週間の閲覧回数の多い投稿